豊福(極早生みかん)|無農薬・自然栽培で育てる森征四郎のみかん

自然栽培米豊福みかん

無農薬のみかんの栽培がまだ普及していなかった40年前、たった一人でその栽培に挑み
80歳を超えた今でもパワフルに無農薬のみかんを作り続けている自然栽培柑橘農家がいます。

熊本県山鹿市の柑橘農家
森征四郎(もり・せいしろう)さんです。

無農薬のみかん栽培は非常に難しいため
取り組む農家はほとんどいません。

そんな中森さんは
無農薬一筋で、その道を歩んできました。

森さんが作った無農薬のみかんは
「もう森さんのみかんしか食べられない!」
というファンも多いほどの美味しさで評判です。

森さんが無農薬にこだわる理由と
森さんが作る無農薬の豊福みかんの美味しさについて
ご紹介します。

動画:森さんが20年作り続ている豊福みかんの特徴

豊福みかんバナー
豊福みかんのご購入はこちら

無農薬のみかん作りに40年以上情熱を注ぎ続ける森征四郎さん

森さんと豊福みかん

森さんがみかん作りを始めたのは今から50年前。

更地を開墾し
農園を作るところから始まりました。

農薬の使用がすでに普及していた当時は
多くの作物には農薬が使われており

わたしたち消費者も農薬について
何の疑問を抱いていなかったことでしょう。

30歳代の森征四郎

しかしそんな中森さんは
農薬の健康被害などを懸念していました。

農薬でみかんを消毒していたことから
「決して無害とはいえない」
と思うようになったのです。

そして「農薬を使わない、体に優しいみかんを作りたい」という想いを抱いたのです。

無農薬のみかん栽培は
当時誰も成し得ていませんでした。

非常に難しい栽培である上に収量も減るため
取り組む農家さんはほとんどいなかったのです。

自然栽培みかん枯れる

そのような中でも森さんは信念を持ち続け
たった一人で無農薬のみかん栽培に挑みました。
みかん栽培を始めて、10年後のことでした。

ときにはみかんの木を枯らしてしまうこともあり
無農薬のみかん栽培を実現するのは
いばらの道をゆくものでした。

しかし
「食べる人の健康を願い、誰もが安心して食べられるみかんを作りたい」という信念を貫き

10年前からは肥料さえも使わず
自然栽培でみかんを作られています

無農薬のみかん作りを支えている生き物たち

山鹿を開墾

森さんが無農薬のみかんを栽培しているのは
熊本県山鹿市です。

深い歴史と伝統文化が今でも継がれている山鹿は
自然も豊かで、温暖な地域です。

西からは有明海の潮風も吹き
みかん栽培には適している環境なのです。

森さんのみかん農園の特徴は、生き物と土です。

春から秋まで、森さんの農園には
たくさんの生き物が棲みつきます。

中でもよく見られる生き物は、クモです。

森さんの農園にいるクモ

一般的な栽培では、農薬をまき
病害虫の繁殖を抑えますが

森さんの農園では、無農薬にすることで
病害虫の被害が抑えられてきた
といいます。

それは、農園に棲みつくクモをはじめとした
たくさんの生き物の活動が、病害虫を寄せ付けない環境を作りあげているからです。

豊福みかん

多様な生き物たちが農園に生態系を作ることで
自然と生き物のバランス量を整えているのです。

業害虫が寄り付いても、クモなどの天敵が
病害虫を食べてくれる
んですね。

無農薬のみかん栽培を支えているのは
クモだけでなく、土の中の微生物たちもいます。

森さんの農園の土

森さんが50年かけて作りあげた土です。

無農薬・無肥料のため土の中には
たくさんの土壌微生物たちが活動しています。

この土壌微生物たちの活躍が
無農薬のみかんの木の成長を支えてきたのです。

多様な生き物と土壌微生物という
小さな命の活躍が森さんの農園を守り
みかんの美味しさを生み出しているんですね。

無農薬の豊福みかんの特徴

豊福みかんコメントバナー

森さんは現在、いくつかの品種のみかんを
無農薬・無肥料の自然栽培で作られており

夏の終わりから秋のはじめにかけて出荷される
豊福みかんも自然栽培で作られています。

豊福みかんは
大浦早生×パーソンブラウンで生まれた
熊本特産の極早生みかんです。

一般的に極早生みかんは、皮が黄緑色をしていて熟し切っていない酸っぱさが特徴です。

豊福みかんカット

しかし、森さんの豊福みかんの出荷は
10月下旬と遅めのため
酸味が甘みに変わっていま
す。

糖度は10~11度前後と安定しているので
酸味が苦手な、特にお子様でも
美味しく食べられます。

自然栽培は無農薬のため
大きさや皮の色合いにばらつきがありますが
これこそが、自然の力で育った安心の証拠です。

豊福みかんの皮と実

森さんの豊福みかんの皮をむいてみました。
皮と房がしっかりと付いています
これも、自然栽培ならではの特徴の一つです。

口の中に入れると、粒からは
甘みの中に程よい酸味のある果汁が弾け出て
体中が爽やかな潤いで包まれます。

これも、自然栽培のみかんが持つ
生命力あふれるパワーそのものでしょう。

森さんに豊福みかんの特徴を伺いました。

自然果樹園:【自然栽培 豊福みかん】のご注文

自然栽培 豊福みかん

収穫前の豊福みかん

品名:自然栽培 豊福みかん

熟練の自然栽培柑橘農家、森さんが熊本県山鹿市で育てている無農薬・無肥料の自然栽培豊福みかんです。

10月後期からの出荷となるため、酸味が甘みに変わり糖度は安定して10~11度前後あります。

無農薬に40年挑戦してきた森さんの「安全な果物を求める方がいる限り作り続ける」という想いが詰まった優しく甘い味わいの豊福みかんをお楽しみ下さい。

5g 4,950円
10kg 8,450円
20kg 16,700円

売切れ