パール柑|無農薬・自然栽培の自然果樹園

パール柑トップ

熊本県で無農薬・無肥料の自然栽培で育て上げたパール柑をご紹介します。

パール柑という柑橘を聞いたことがあるでしょうか。

爽やかな風味とプチプチした果肉が特徴の上品な柑橘で
全国でも有数の柑橘類の産地熊本県のブランド柑橘です。

パール柑という名前の由来は、果肉が真珠色にキラキラ輝いていること
そして、名産地が宇土半島・三角町から天草にかかる
天草パールライン界隈であることにちなみます。

パール柑は美味しさだけでなく、爽やかな味わいに特徴があり特に女性の間では人気が高く、女性リピーターが多い柑橘です。

熊本が全国に誇るこのパール柑を
無農薬・無肥料の自然栽培で作り上げました。

自然栽培ならではのパール柑の甘酸っぱさとプチプチした食感をご堪能ください。

※パール柑の出荷は、2月初旬-4月下旬となっております。

自然栽培パール柑はこちら

パール柑とは?

パール柑

パール柑は、文旦(ブンタン)の血を引く品種で、品種名は「大橘」といいます。明治期より鹿児島で栽培されていました。

収穫するときはまだ果肉が堅く、酸味も強いのですが
その後一定期間貯蔵することで果肉は柔らかくなり、酸味も和らいで甘みが出てきます。
こうして、ほどよい酸味と甘みのバランスが生まれ、美味しいパール柑に仕上がります。

パール柑

パール柑は、他の柑橘に比べ大きく、芳醇な香りも特徴の一つです。

重さは500g前後あり、大きさは直径15㎝ほど。700gにも実るものもあります。
その大きさと香り、そして美味しさから、贈答品としても人気があります。

パール柑の味の特徴

パール柑の果実

パール柑の美味しさは、その甘酸っぱさにあります。

爽やかな柑橘をお好み方には、クセになる柑橘です。
ほどよい酸味とほんのりと感じるほろ苦さ、一粒一粒がプチプチとはじける食感は一度食べだしたら止まらない美味しさです。

さらに、パール柑にはGABA(ギャバ)が豊富に含まれていると言われています。 GABAは血圧を下げ、リラックス効果が期待できる成分です。そのほかに、美容にも効果的なビタミンやミネラルもたっぷり含まれています。

これらの理由から、特に女性には人気の柑橘です。
しかも、パール柑の楽しみ方は、果肉を食べることだけではありません。

パール柑切り口

爽やかな香りを放つ分厚い皮も、そのままご活用して食べることができます。
ピール漬けや砂糖漬けにしたり、ジャムにしたりし長期で楽しむことができます。

また、天日干しすればポプリにもなり、お部屋の芳香剤として活用できます。皮をネットに入れてお風呂に入れれば、身体を芯から温めてくれる入浴剤にもなります。

天然由来で体に優しい手作りのケアグッズが作れることも
女性に人気の理由の一つなのかもしれません。

無農薬・無肥料の自然栽培パール柑

パール柑と高塚

熊本県のパール柑自然栽培農家さんは2人おられます。
高塚成生(たかつかなりお)さんと森征四郎(もりせいしろう)さんが無農薬・無肥料の自然栽培でパール柑を育てています。

高塚成生さんは、自身のお子さんがアトピー体質だったこともあり無農薬栽培には強いこだわりを抱いていました。「子どもたちが安心して食べられる果物が作りたい!」という想いのもとに、長い年月をかけ無農薬・無肥料の栽培を実現させたのです。

森征四郎さんは、無農薬での柑橘栽培歴は40年以上経験を持っており、「安全な果物を求める方がいる限り作り続ける」と仰っており無農薬・無肥料の自然栽培でのパール柑作りを徹底しております。

自然栽培で育った果物の中には、綺麗とは言い難い形をしているものあり大きさもそれぞれ異なっています。
しかし、これこそが自然栽培ならではのイキイキとした果物の個性です。

自然栽培だからこそ創り出せる力強く爽やかな味わいと香り、プチプチした食感は晩柑系が好きな方には人気がございます。
特に女性には人気があり、爽やかな柑橘が好きな方にはぜひお試しいただきたいパール柑です。

自然果樹園:【自然栽培パール柑】のご注文

自然栽培 パール柑

自然栽培パール柑

品名:自然栽培パール柑(生産者:高塚成生)

果物栽培において群を抜いて質と安心にこだわる高塚成生さんが熊本県荒尾市で育てている無農薬・無肥料の自然栽培パール柑。

ご自身の子どもがアトピーだったことから安心の食べ物作りへのこだわりは群を抜いている。高塚さんからは品質に加え見た目も良いA品を選び贈答用としてお届けいたします。爽やかな柑橘がお好みの方におすすめの柑橘です。
無農薬・無肥料の自然栽培だからこそ創り出せた力強く爽やかな味わいと香り、プチプチした食感をお楽しみ下さい。
※お値段は送料込み・税込み

3kg(贈答用:6-8玉前後) 5,850円

売切れ