荒尾梨の種類と農薬を最大限不使用に抑えられた秘訣とは

成生梨と子供

秋の代表的な果物、梨。
シャリシャリとした食感と程よい甘みと酸味、そしてジューシーな果汁が美味しい果物です。
日本には多くの梨の産地がありますが、熊本県荒尾市は梨産地として100年以上のある全国でも有数の産地です。
農業に恵まれた環境と深い歴史が育んだ荒尾の梨をご紹介します。

梨産地100年以上の歴史ある荒尾で作られる梨とは

伝統の荒尾梨

荒尾梨の歴史は、今からおよそ110年前の明治41年(1908年)に、梨の木が植えられた事から始まります。
大正時代に入ると生産農家が多くなり
荒尾ジャンボ梨」で知られる「新高」という品種は、昭和の初め頃から生産されるようになりました。

そして現在では、全国有数の“新高”の栽培面積を誇るほどになり
“荒尾ジャンボ梨”は、全国的に有名なブランド梨として知られるようになりました。

成生梨

また、荒尾ジャンボ梨が有名になった理由の一つには、荒尾の産業も深く関係しています。

荒尾は明治期より、三井三池炭鉱の1つとして大変栄えていました。
炭鉱で働く為に全国各地から集まった人々が、自分の故郷に「荒尾ジャンボ梨」を次々と送り
そこから一気に「荒尾ジャンボ梨」のブランド名が広がった
とも言われているのです。

そんな深い歴史と豊かな自然に恵まれた荒尾市の特産品の一つである荒尾梨。
今や全国で愛されるフルーツとして、私たちの舌を唸らせています。

豊水と新高それぞれの特徴

現在、国内で生産されている梨の品種の中で、よく聞くものに豊水が挙げられます。

成生梨(豊水)
豊水

豊水は、国内での生産量が多い品種で知名度も高く、秋になると、八百屋やスーパーでもよく見かける品種です。

ほどよい酸味が甘みを引き立てる絶妙です。果汁もたっぷりと含んでいて、とてもジューシー。
糖度は、ほとんどが12度以上もあり、梨特有のシャリシャリとした食感も楽しめます。
収穫は8月下旬頃から始まり、10月初旬まで続きます。旬の時期は9月です。

「荒尾ジャンボ梨」としても知られている新高は、豊水に次いで生産量の多い品種です。

成生梨(新高・ジャンボ梨)
新高

「ジャンボ」と言われているように、ずっしりと重いのが特徴です。
果実の大きさは、1.5kgに達する事もあり、子どもの頭ほどの大きさのものもあります。
新高の果肉は白くて軟らかく、少ない酸味で果汁はたっぷり。香りも芳醇です。
糖度は豊水と同じく12度以上あり、とても甘く感じます。

また、非常に日持ちが良いもの特徴の一つです。
ぴったりとラップに包んで冷蔵庫に保存すれば、1ヶ月ほどは持ちます。

その見栄えする大きさから、贈答品としても人気のある品種で
その美味しさに魅かれ、探し求める人も数多くいます。

高塚さんの作る梨は農薬を最大限使用していません!

熊本県荒尾市で生まれ育った高塚さんは、35年前に親から梨園を引き継ぎました。
高塚さんには、その時から変わらない想いがあります。
それは「子ども達が安心して食べられる美味しい梨を作りたい」という想いです。

高塚さんは、自身のお子さんがアレルギー体質だったことからも、無農薬の自然栽培には強い想いがありました。
そして35年の年月をかけ、農薬を最大限使用しない独自の栽培法を産み出したのです

高塚さんの栽培法は、周りの梨農家さんとは全く異なったものです。
最大の特徴は、冬期にクヌギの葉を梨園に敷き詰め、落葉樹林と同じ土壌環境を梨園に創り出している点です。

梨園の土壌

高塚さんの梨園の土壌には、多様な生物が生息しています。
梨園に降り注いだ雨は、クヌギの葉の腐葉土を通り
ミネラルが豊富な“森の雫“となって、そのまま梨の水分となっているのです。

高塚さんの想いにより生み出されたこの独自の栽培法により、 後口の良い甘味を特徴とした梨が生まれました。
高塚さんが作ったこの梨を、成生梨(せいじょうなし)と呼んでいます。

成生梨2個入り

私どもは、店頭販売とは異なり、収穫適期に収穫した採れたての成生梨を、高塚さんより直送してお届けしております。

高塚成生の荒尾梨