荒尾梨の旬はいつ頃なのか

成生梨新高ジャンボ梨

秋を代表するフルーツ、梨。

毎年秋になると、たくさんの種類の梨が
八百屋やスーパーにずらりと並びます。

梨の産地では、道路沿いに沢山の直売所も期間限定で開かれ
連日多くの客で賑わいを見せています。

熊本県荒尾市も、全国でも有数の梨の産地です。

その歴史は100年以上もあり
全国各地、多くの人々に食べられている荒尾梨の中でも
特に荒尾ジャンボ梨は、贈答品としても人気のある梨です。

この荒尾梨の魅力についてご紹介します。

荒尾梨の生産地、荒尾とは

荒尾梨マンホール

熊本県の北西部に位置している熊本県荒尾市。
荒尾市は有明海に面しており
豊かな水源と穏やかな気候に恵まれ、農業には最適な環境です。

荒尾梨の歴史は、今からおよそ110年前の明治41年(1908年)に
梨の木が植えられたことから始まります。
大正時代に入ると生産農家が多くなりました。

伝統の荒尾梨

荒尾では、いくつかの品種の梨が作られています。
おもな品種には、豊水、新高、幸水、あきづき、秋麗などがあります。

中でも、その見栄えする大きさと美味しさから、贈答品としても人気のある
新高という品種は、荒尾ジャンボ梨と呼ばれています。

成生梨

荒尾ジャンボ梨はいまや全国でも有名な梨ですが
有名になった理由の一つには、荒尾の産業も深く関係しています。

荒尾は明治期より、炭鉱が大変栄えた都市でした。

炭鉱で働く為に全国各地から集まった人々が
自分の故郷に「荒尾ジャンボ梨」を次々と送ったことから
一気に「荒尾ジャンボ梨」の名が広がったともいわれているのです。

荒尾梨の旬はいつなのか?出荷時期は?

成生梨(荒尾ジャンボ梨)の糖度

荒尾で収穫される梨の旬は、品種により異なります。

幸水や秋麗:8月中旬頃から出荷
豊水:9月上旬から出荷
あきづき:9月下旬頃から出荷
そして
一番遅いのは別名、荒尾ジャンボ梨と言われる
新高:10月初旬から出荷となります。

8月から10月までの3ヶ月間、荒尾市では多くの梨農園で梨の収穫が始まり多くの直売所がオープンします。

旬を迎えた梨は甘く、果汁もたっぷり。
爽やかな口当たりとさっぱりした後味は
おやつや食後のデザートにもぴったりですね。

荒尾梨を作っている高塚成生さん

高塚成生の荒尾梨

一般的に梨の栽培には、農薬が欠かせません。
一年に20回ほど農薬を使用すると言われており(農家さんによる)
農薬を使わないと、食害を及ぼす病害虫が大発生してしまうのです。

しかし、最大限農薬を使用せずに荒尾梨を育てられている希少な農家の方がいます。
その方の名は、高塚成生(なりお)さんです。

35年前に親から梨園を継いだ高塚さん。
高塚さんには、その時から変わらない想いがあります。
それは「子ども達が安心して食べられる美味しい梨を作りたい」という想いです。

高塚さんは、自身のお子さんがアレルギー体質だったことから
農薬のなどの化学物質の使用には、健康被害の懸念がありました。
だからこそ、無農薬に挑戦することに強いだわりがありました。

35年という長い年月をかけ
農薬を最大限使用しない独自の栽培法を産み出した高塚さんは荒尾で最も安全性にこだわった梨農家さんです。

一度食べたら忘れらないその美味しさに魅かれ
全国から探し求められる荒尾ジャンボ梨。

高塚さんが作った荒尾梨は農薬を最大限使用していないので
どなたでも安心して食べられます。

それだけでなく、 高塚さんの梨は
ベタつかない後口の良い甘みを特徴としており
多くのお客様から「また食べたい!」というご感想をいただいています。

成生梨

大切な人やお世話になった人に
感謝の気持ちを込めて贈られてみてはいかがでしょうか。