荒尾梨の無農薬栽培はどれだけ難しいのか

台風後の新高梨

通常、梨の栽培において
農薬は不可欠です。
農薬を使わなければ、病害虫や病気が
梨の実にはびこってしまう
からです。

農薬使用はもはや常識です。
わたしたち消費者も農薬の使用に関して
何の疑問も抱いていません。

しかし、この常識を打ち破った農家が
熊本県荒尾市の梨農家
高塚成生(たかつか・なりお)さんです。

荒尾梨の無農薬栽培に人生をかけてきた高塚さん

高塚成生

高塚さんは今から30年以上前に
親から梨農園を継ぎました。

当時は梨の栽培において、農薬使用は当然でした。

農薬散布は年30回~40回も行われ
収穫が終わった冬の間でもまき続ける
のです。

農薬の散布

高塚さんは、自分の子どもが
アレルギー体質だったこともあり
農薬の使用には
健康被害などの懸念を抱いていました。

そして自分の子どもだけでなく
アレルギーで悩むたくさんの人たちやお年寄りなど
誰もが安心して食べられる梨を作りたい

そのような想いが強くなり
梨の無農薬栽培に挑むのです。

荒尾梨の無農薬栽培のリスク

除草中の高塚さん

しかし、農薬を使用せずに梨を栽培するのは
非常に難しいものでした。

まず、梨農園にネットを張るなどしても
害虫の寄り付きを防ぐのには限界があり
虫だけでなく
鳥にも梨の実を食べられてしまうのです。

アブラムシとテントウムシ

寄り付くのは実だけではありません。
木自体にも虫の幼虫が棲みついてしまいます

こうなると残念ながら
木自体を切らなくてはなりません

蛾の幼虫が入った梨の木

我が子のように手塩にかけ
愛情を注いで育てた木を
自分の手で切らなくてはならないのです。

こんなに悲しくて悔しくて
惜しいことはありません。

梨虫食い

なんとかして生き残った梨も
全体の収量としては非常に少なく
しかも、無農薬のために見た目にもばらつきがあり
“売れる”梨ではなくなってしまうのです。

荒尾梨の無農薬栽培にこれからも挑み続ける!

農園のクヌギの葉

荒尾梨の無農薬栽培がどれほど難しいが
痛感した高塚さんですが
決して諦めませんでした。

それはやはり「安心安全の梨を作りたい!」と
心から想っていたからです。

枯れた梨の木

無農薬のために、何本もの梨の木を
枯らしてしまうこともありました。

果樹の木は、実が成るまでに3~4年はかかります。
そして一本の木には200~300の実がつきます。

したがって、果樹の木は
果樹栽培で生計を立てている農家にとって
“いのち”そのものだといえます。

その木が枯れてしまうのは
自分の生活にもかかわる重大なことなのです。

高塚さんと梨の木

高塚さんは、何度もくじけそうになりました。
自分のしていることは意味があるのだろうか
悩むこともありました。

しかし、高塚さんの梨を食べた人が
続々と寄せてくれる感想は
嬉しい声ばかりでした。

それが糧となり
高塚さんはこれからも
自分の梨を食べてくれる人のために
作り続けようと、決心したのです。

まとめ

成生梨

梨の無農薬栽培を実現している人は
全国でも片手で数えるほどしかいないでしょう。

その中の一人である高塚さんの梨は
毎年全国から取り寄せられる人気の梨です。

荒尾梨がいよいよ収穫を迎える時期は
九州ではよく台風がやってきます。

台風後の新高梨

高塚さんの農園もこれまでに何度か
台風の被害に遭い、梨も落果するなど
大変な苦労を重ねてきました。

しかし、そんな高塚さんの想いに
応えてくれるかのように
梨は毎年力強く育っています。

高塚成生と荒尾梨

高塚さんはこれからも
自分の梨を求めてくれる人のために
梨の無農薬栽培に挑戦し続けます。