長持ちする梨の保存方法とは?

秋は、梨が美味しい季節。

梨狩りを楽しんだり、贈り物でいただいたりして
自宅にたくさん梨があり、食べきる前に腐らせてしまいそう…
保存するにはどうしたらいいのか。

そうお思いの方もいらっしゃることでしょう。

でも大丈夫。きちんとした方法で保存すれば
鮮度も落ちずに、美味しさもそのままで楽しむことができます!

追熟をしない梨

梨は、追熟をしない果物。
追熟とは、収穫した後に熟すことです。
バナナなどがそうですね。

でも梨は追熟しないので、まだ青く実も硬い梨を収穫してしまうと
酸っぱい味の梨のまま、食べなければなりません。

なので、梨の収穫シーズンを迎えると
農家さんは梨一つ一つの熟れ具合を見極めて、収穫するんですね。

梨狩りに行ったときは、よく注意して梨を選別し
見極めて収穫しましょう!

梨の鮮度を落とさずに保存するには?

梨の保存について。
まず、梨を一つずつキチンペーパーで包みます。

果物は熟すと、エチレンという植物ホルモンを出します。
エチレンは、周りの果物や野菜に触れると傷めてしまうので
一つ一つ包むことでエチレンの漏れを防ぎ、鮮度を保ちます。

次に、ラップでぴったりと包み込みます。
そして、そのままビニル袋にいれ、閉じます。複数一緒でもオーケー!

最後に冷蔵庫へイン
ここで大事なのは、ヘタを下にして置くこと

こうすることで梨の呼吸がゆるやかになって
鮮度が落ちにくくなるんです。

こうして保存すれば、2週間はもちます!

冷凍すると一層甘いひんやりスイーツに!

梨の保存場所は、冷蔵庫が原則です。
常温や暖かい場所に置くと腐れやすくなるので
手に入れたらすぐに冷蔵庫へいれましょう!

果糖は、冷やすことで甘みが増します。
冷凍庫で保存して食べるのもおススメです。

成生梨

くし切りにした梨をラップで包み、そのまま冷凍庫へ。

凍った状態で外に出して10分ほど解凍させればシャーベットになりますし
さらに30分ほど解凍させると、コンポートのように
トロリと甘いおやつになります。

成生梨のコンポート

冷凍庫での保存なら、1ヶ月はもちますので
余らせてしまった場合は、こうしてまとめて保存し
ひんやりスイートとして楽しむこともできますね!